「ワタミの宅食」の思い | ワタミの宅食

「ワタミの宅食」の
お届け先選択

「ワタミの宅食」を
より便利にご利用いただくために、
初めにお届け先の検索をおすすめします。

※「商品を見る」から「ワタミの宅食」
サイトをご覧いただけます。

商品を見る

  • お届け先を確定しない場合、お届けできない商品や価格が違う商品がございますのでご注意ください。

ワタミの宅食受付センター

お電話でのご注文・お問い合わせ・ご意見

0120-321-510

受付時間
月~土曜日
午前9時~午後7時
日曜日
午前9時~午後6時
  • 年末年始除く
  • 一部のIP電話など、フリーコールに
    つながらない場合は、
    0957-26-3294(有料)へお掛けください。

「ワタミの宅食」の思い

日替わりのお弁当と「まごころ」をお届けする。
それを続けることで社会に欠かせないインフラになる。
高齢社会のこの国を、もう一度素直に長寿を喜べる社会へ。
私たちの使命は、そこにあると考えています。

「ワタミの宅食」には、バランスのとれた生活を支える「食事力」があります。
「食事力」とは、まず、「栄養を正しく摂るコントロール力」。
大切な栄養素を、偏りなく体に入れてあげるため、管理栄養士がきちんと献立を設計しています。
そしてもうひとつが、「毎日続けるための、おいしさという力」。続けてこそ意味のある、
バランスのとれた食事だから、だしの旨みと旬の食材を取り入れたバラエティに富んだ味をお届けします。

ワタミの「まごころスタッフ」が、今日もあなたの街に笑顔で向かっています。

健康に、食事力。

おいしさや健康、食生活の利便性・充実。そして、その先にある、お客さまのゆとりある、
いきいきとした生活の実現をお手伝いする。それが「ワタミの宅食」の思いです。

そのために、すべてのスタッフがお客さまを思い、商品企画から仕入れ、調理、お届けに至るまで、毎日まごころを込めて取り組んでおります。

創業時の思いは
何年経っても変わりません。

1978年、食材宅配会社として創業。
その時の思いは今も私たちの中に根付いています。

食のムダを無くす

食材宅配会社としての創業当時(1978年)、必要な分だけをお届けして、家庭で出る余分な食材を廃することを経営理念としました。また、ご注文をキャンセルなしの完全予約制にすることによって、お届けする食材を必要量だけ仕入れ、工場のロスを無くすことにも努めています。

喜びの創造

私たちは一人では生きられません。企業も同じです。多くの方々に支えられて生かされています。お客さま、お取引先さま、友人、知人、地域の人々、会社、職場仲間、家族、そして、自分自身に感謝し、どんなときでも喜びを見つけて創造する、ここに私たちの原点、創業の思いがあります。

ブランドロゴに込めた思い

「ワタミの宅食」が
選ばれる理由

安全・安心への取り組み

原材料を管理

弊社では、使用する食材の生産方法から梱包・運搬方法まで、細かい基準を設けています。
お客さまに安全・安心なお食事を召し上がっていただくために、食材の安全性の確認に日々向き合っています。

工場の衛生管理

品質と衛生を管理するため、全国の製造拠点に品質保証のためのプロフェッショナルを配置しています。お弁当の製造工程における、細菌検査を実施。また、工場で働く従業員はもちろん、来客の方も工場内に入る際の体調チェック、身体検査、手洗いなど、管理を徹底。衛生的な環境で製造できるよう、社員一同、弛まぬ努力を続けていきます。

バランスのとれた食事

「ワタミの宅食」では「健康は毎日の食事から」という考えのもと、5日間を通して献立を考えています。継続することでバランスよく栄養が摂取できるように、塩分やカロリー、品目数などに配慮しながら献立を設計しています。

専任の栄養士が携わり、バランスのとれたお食事を考えています。栄養が偏りがちになってしまうご家庭での悩みを解決。安心して毎日の食生活をお任せいただけます。

「ワタミの宅食」ならではの「製販一体」体制

「製販一体」とは?

「ワタミの宅食」は製造から販売まですべて自社内で行うため、豊富なメニュー開発やスピーディーな商品改良が可能です。バラエティに富んだお食事を常においしくお届けしております。
長年にわたる外食事業で培った総合力で、お客さまに「おいしい」と喜んでいただくため、商品の質の向上を絶えず続けています。

企画・メニュー開発

お客さまの声も参考にしながら、
メニュー開発。

材料調達

選りすぐった食材を調達

生産・加工

ワタミグループ内で培ってきた
製造ノウハウを生かし、生産。

お届け

担当の「まごころスタッフ」が、
まごころ込めて手渡しを基本にお届け。
お客さまのご希望により、
鍵付き安全ボックスもご利用いただけます。

お客さまと同じ地域に暮らす「まごころスタッフ」は、ただお弁当を運ぶのではなく、社会・地域の役に立ちたいという思いでお届けしています。毎日決まった時間帯にご自宅まで笑顔と共にお伺いし、手渡しを基本にお届けします。

お留守の場合には、お客さまのご希望により鍵付き安全ボックスを無料で貸し出しておりますのでご不在がちな方も安心です。

“一人でも多くの高齢者の方にまごころを込めた食の宅配サービスを通じて、喜びと幸せをお届けすること” これは、「ワタミの宅食」の経営目的のひとつです。さらなる未来を見据えたとき、超高齢社会を支えるために、2016年4月、「ワタミの宅食」に新しく研究機関が発足しました。

健康長寿科学栄養研究所

介護事業に携わった経験を活かし、咀嚼力や嚥下力が弱くなった高齢者の方に向けた「形態食」の基礎研究や製品化、また在宅高齢者の低栄養を防ぐため、訪問栄養指導や栄養調査などに取り組んでいます。
「平均寿命」と「健康寿命」の格差が問題となる中、食の面から「健康寿命」の延伸に寄与するため、国の研究事業等へも積極的に参加しています。

所長:麻植(おえ)有希子。管理栄養士。静岡県立大学大学院 生活健康科学研究科 食品栄養科専攻 博士課程修了。
文部科学省補助金事業 グローバルCOE プログラム アメリカニュージャージー州病院・高齢者施設 臨床栄養エキスパート演習終了。

「いきいき」は食事から

80歳を超えても、いきいきと趣味の登山をしようという目標が私にはあります。だから、20代の頃からずっと体重をキープし、健康には人一倍、気を使っています。塩分やカロリーが管理栄養士によりコントロールされ、バランスよく、バラエティ豊かなお弁当。「ワタミの宅食」は、こんな私にもぴったりの食事です。

ページトップへ